診療事例一覧

診療事例一覧

2017年11月29日超音波装置による診断事例【睾丸(こうがん)腫瘍】

13歳11ヶ月 雄 ボーダーコリー 体重20.80kg 正常睾丸と腫瘍睾丸では、大きさと内部構造の違いがわかります。 超音波を使うと大きさの測定ができます。 病理検査の結果、精細胞腫(セミノーマ)とい...

2017年11月29日超音波装置による診断事例【腹腔内腫瘍】

12歳4ヶ月 雌 パピヨン 体重4.9kg 腹腔内に大きな腫瘍があるのがわかります。 中心部には液体の貯留している部分があり、腫瘍内の出血か壊死組織の存在と思われます。 脾臓の腫瘍でした。 腹部腫瘍...

2017年11月29日超音波装置による診断事例【子宮蓄膿症】

8歳 雌 ミニチュアシュナウザー 体重7.8kg 子宮蓄膿症という子宮内に大量に膿が貯留する疾患です。 子宮蓄膿症① 超音波では液体の部分が黒く写るので、大量の膿の貯留した子宮(UT)が大変よくみえ...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【膀胱】

尿が貯留しているので、超音波では大変よく見えます。 膀胱結石・膀胱腫瘍などの膀胱内の様子もわかります。 ...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【胃】

胃は絶食にしていない場合は見えにくいですが、胃壁の様子を見ることができます。 胃のリンパ腫などの腫瘍の診断に有効です。 ...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【胆嚢(たんのう)】

超音波では水分を含んだ部分は黒くみえますので、胆汁を多く含む胆嚢は超音波で良く見えます。 レントゲンでは肝臓に囲まれているので、正常な場合はほとんど写りません。 胆嚢腫瘍・胆汁が粘性になってくる胆(た...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【膵臓(すいぞう)】

胃・十二指腸近くで見ることができます。 激しい嘔吐・下痢・腹痛を伴う急性膵炎などの診断には膵臓の超音波像が有効です。 ...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【脾臓(ひぞう)】

胃の付近でみえます。 血管肉腫・リンパ肉腫などの腫瘍ができることが度々あり、超音波像で発見できることがあります。 ...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【腎臓】

腎臓は水分を多く含む臓器ですので、超音波では腎盂の形・大きさ・結石の有無・腎の大きさの測定等ができます。 ...

2017年11月29日超音波装置による各臓器・器官の画像の紹介【肝臓】

横隔膜に接して見ることができます。 肝臓に腫瘍性の変化があった場合は、超音波で病変の位置・形・大きさを判断でき、場合によっては超音波で見ながら病理検査をすることも可能です。 ...
  • 1