BLOG
猫のヘアゴム誤飲

5歳のMIX猫が「ヘアゴムを飲み込んでしまった!」と電話がありました。

 

すぐに来院してもらい、催吐処置を実施しました。

催吐剤を投与し、嘔吐して出たヘアゴムです。

飼い主さんが飲み込んだ瞬間を目撃しており、すぐに来院してくださったので吐かせて出すことができました。

 

ヘアゴムの素材は伸び縮みし途中でちぎれるとひも状になります。

今回は吐かせることができたので大事には至りませんでしたが、そのまま胃から腸へ流れていった場合には閉塞を起こしたりする可能性もあります。

数日後に便と一緒に排泄されれば問題ありませんが、万が一閉塞を起こした場合は開腹手術になることもあります。

 

猫ちゃんは家の中でも高い所や奥まったスペースなど飼い主さんが目の届かない場所でも出入りします。

非常に器用で収納の戸棚や引き出しを開ける子もいるので、思わぬ場所で誤食している可能性があります。

 

犬の誤飲はブログで何度もご紹介してきましたが、猫ちゃんの飼い主様も充分注意しましょう!

カテゴリー
  • 症例紹介 (9)
  • BLOG (23)
  • ページの先頭へ