BLOG
トイプードルのヘアゴム誤飲

3ヶ月のトイプードルの仔犬が、

「ヘアゴムを飲み込んだかもしれない!」とのことで来院しました。

 

ヘアゴムは飼い主さんが髪に結んでいた物で、横になった後に気がついたらなくなっており家の中を探しても見つからないとのお話でした。

飲み込んだ可能性が高い様子で、体の大きさから推察すると消化管内で詰まり閉塞を起こす可能性も充分にあり得る大きさです。

すぐ来院していただいたので催吐処置を実施しました。

催吐剤を投与して嘔吐させ、出てきたヘアゴムです。

時間が経過していなくて胃の中に留まっている間は病院で催吐処置をして出すことができます。

時間が経過しすでに胃を通過している時は開腹手術をして摘出することが必要になる場合もあります。

またヘアゴムは途中で切れてひも状の状態になった場合腸管内部で絡まるおそれもあるため非常に危険です。

異物を誤飲してしまった場合は病院に電話をしていただきできるだけ早くお連れください。

 

ヘアゴムを飲み込んでしまったトイプードルです🐩

まだ小さな仔犬です。無事に出てホッとしました。

 

犬は物を口に入れて確認する動物です。そして咥えることのできるものはある程度の大きさがあっても飲み込む可能性があります。

大型犬ではテニスボールを飲み込んだ子もいます。

間違って誤飲させないためにも「口に入れてはいけない物を届くところに置かない!」ということが大切です。

皆さんもペットが過ごすお部屋の環境を今一度見直してみましょう。

誤飲には充分お気を付けください!!

カテゴリー
  • 症例紹介 (4)
  • BLOG (12)
  • ページの先頭へ