消化器
アイスクリームの棒誤食(内視鏡により摘出)

9ヶ月のMIX(トイプードル&チワワ)犬がアイクリームの木の棒を食べてしまったと来院されました。

食べ終わったアイスクリームの木の棒を犬に舐めさせていたらかじって飲み込んでしまったようです。

 

飲み込んだ木の棒が嚙み砕いて細かい状態なら、すぐに催吐剤を使用し吐かせる方法もありますが飼い主様が持ってこられた残りの木の棒は鋭利に割れていました。

もし丸飲みしているようなら、催吐剤で吐かせることにより食道を傷つけたり場合によっては刺さってしまう恐れがあります。

その点を踏まえて飼い主様とご相談の上、内視鏡検査を実施することにしました。

 

内視鏡で胃内を見てみると・・・

アイスクリームの木の棒が確認できます。

 

 

 

摘出したアイスクリームの棒です。

右側にある3cmくらいの長さの方が今回飲み込んだ物です。

鋭利に割れた棒をそのまま丸飲みしており、片側の端がするどく尖っていますので内視鏡での摘出の適応でした。

異物を飲み込んだ場合、催吐剤で吐かせる場合や内視鏡で摘出する場合があります。

どちらを適応するかは場合によりますが飲み込んだ異物の残りがある場合は今回のように持参していただけると方針を決定するのに大変参考になります。

また胃内に食物が多量にある場合は内視鏡検査ができない場合がありますので、異物を誤食した時はフードを与えないようにして下さい。

 

カテゴリー
  • 症例紹介 (14)
  • BLOG (26)
  • ページの先頭へ