予防医療

ワクチン・予防接種vaccine

動物たちに辛い思いをさせないために予防をしましょう。

動物たちがかかる病気には、治療法がなく死亡率がとても高い感染症があり、人にうつるものもあります。
ワクチンや予防接種はそれらの病気を予防したり、重症化を防いだりするのに有効です。中には定期的な接種が法律で義務付けられているものもあります。
家族全員が健康的に過ごすために、きちんと予防をしましょう。

血圧測定blood pressure check

定期的な血圧測定で病気のリスク回避や早期発見が可能です。

動物にも高血圧があるため、8歳以上のシニア世代になったら定期的に血圧を測定するようにしましょう。血圧の変化などで病気の予防や早期発見が出来る場合もあるため、健康な状態の血圧値を把握しておくことはとても大切です。
また、病気のとき以外にも病院に来ることで動物が病院を嫌がりにくくなります。

健康診断complete medical checkup

健康に長生きできるように、定期的に健康診断を受けましょう。

近年、医療の発達やペットフードの改良などにより、動物たちも長生きになっています。そのぶん病気になるリスクも大きくなっており、病気になると動物自信が辛いことはもちろん、飼い主の負担も決して小さくはありません。

言葉を話せない動物たちの体調の変化に、私たち人間が気付くことが大切です。普段のコミュニケーションの他に、定期的な健康診断で病気のリスク回避・早期発見に努めましょう。