診療内容一覧

料金について

診察の料金は、動物の種類や大型・小型によっても異なってきます。

診察前に、料金について詳しくご説明いたしますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

ページトップ

ペットを長生きさせるには?

大切なペットが1日でも長く、健康に生活出来るように日々心掛けましょう。

ペットが長生きするための7か条

その1 ワクチン接種・フィラリアの予防を欠かさない
フィラリアとは蚊が媒介する犬・猫の寄生虫病で、心臓病などを引き起こします。フィラリアにならないように、予防はしっかりとおこないましょう。予防については、当院までお気軽にお問合せください。
その2 避妊・去勢手術をする
子供を生ませないならば、避妊や去勢をすることをお勧めいたします。避妊や去勢は子供をできなくさせるだけではなく、様々な病気のリスクを低減させることも出来ます。
その3 太らせない
肥満は万病の元です。ペットが毎日食べるものには十分注意しましょう。
その4 正しい食生活をする
医食同源。体は食べた物からできています。
その5 歯石を溜めない
ペットも人間と同じで、歯が命です。小型犬の場合、心臓病のリスクも減らせます。
その6 ストレスを少なくする
正しいコミュニケーションやしつけは、余分なストレスを減らします。
その7 定期的に健康診断を受ける
簡単な検査でもかまいません。6歳までは半年に1回、7歳を過ぎると3ヶ月に1回が目安です。

当院では、ペットが長生き出来るように日々努力いたしております。

ページトップ

当院の手術室ご紹介

当院での手術はこのように行われています。

術前検査

手術前に血液検査などの術前検査を行います。一般血液検査で赤血球、白血球、血小板、ヘモグロビン値などを測定します。

生化学検査で血糖値、肝機能、腎機能を調べます。必要に応じて血液凝固機能検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査などを行います。

術前検査にどのような検査が必要かは動物の年齢、手術の種類、心臓病や腎臓病などの基礎疾患の有無、全身の状態などによって決められます。

導入麻酔を入れます

静脈留置針という細い管を静脈に入れ、そこから導入麻酔薬や点滴を入れます。

吸入麻酔の準備をします

気管チューブを挿管して吸入麻酔器と人工呼吸器に接続します。

吸入麻酔を開始し、手術に入ります

吸入麻酔を開始し、点滴を入れます。手術モニターの端子を装着します。手術モニターにより手術中の麻酔濃度、心電図、体温、呼吸数、血圧、酸素濃度、二酸化炭素の濃度などを常に監視しながら手術を行います。

手術の開始

滅菌手術衣、滅菌手袋を着け、手術部位の周囲を滅菌有窓布で覆い手術を開始します。

ページトップ

名古屋市千種区の笑顔あふれる動物病院【希望ヶ丘動物病院】 往診も行っています(緊急時を除き要予約)PM13:00~16:00 【電話番号】052-762-0112 【診療時間】AM9:00 ~12:00/PM17:00~20:00 【休診日】日曜日・祝日